園日記

1月30日(曇り)

<つぼみ組*0、1歳児>

今日は空が曇っていたので「曇っているねー」と保育者が言うと、「おひさまコケコッコー!」(?)と元気に叫ぶつぼみ組さんです。外遊びでは今日は鉄棒に5〜6人集まって両手でぶら下がって遊んでいました。お友達がするのを見て、次々と真似をしていたのですが、ほとんどの子がぶら下がれるので、いつの間にか手の力がついているんだと思いました。そのうちにすごーく小さいありを見つけて、またみんなで集まっていました。小さいお友達もご機嫌でお外遊びを楽しめたのか、「ご飯に行こう!」と誘ってもプイッ!としてお部屋に戻ろうとしない姿も見られました。

 

<たんぽぽ組*2歳児>

 今日は園庭で伝承遊びをしました。「あ〜ぶくたった」をしたのですが、すっかり歌詞も覚えたようで子どもたちも大きな声で歌っていましたよ〜。子どもたちが一番好きなところは、「トントントン、今何時?」とのところ!リズムよくトントントンと言ったり、鬼役のお友達とのやりとりを楽しんでいましたよ〜。クラスみんなで遊ぶことができるようになった子どもたちの姿を見て、成長したな〜と強く感じました。

<年中・年少・年長>

 今日は、外で縄跳びをしました。長縄ではいつも保育者が回していたのですが、最近は少しずつ自分で回す練習をしています。縄が長い分ヒョロヒョロとなってしまいうまく回せません。でも、諦めず腕をぐるっと大きく回して頑張っていましたよ〜。

 年長は、秘密の製作の続きでした。折り方を忘れた子は、友達に聞いたり、教えたりしながら進めていくことができました。自分たちで考えて進めていける姿にさすが年長さんだなと感心しました。