園長日記

2012 年 7 月 31 日 火曜日

ガウディの伝言


私は園経営のモデルとして、しばしば、アントニオ・ガウディを手本とします。

なぜ建築家のガウディ・・・

彼の作品、サグラダ・ファミリアは130年以上たった今も建築が続いています。
ガウディ亡き後も彼の理念を引き継いだ職人たちがその想いを具現化しています。

長い歳月が彼を成長させました。

皆、そうであるように、ガウディも若い頃にはとても完璧と言えない人物でしたが、生き方や社会の在り方といったことについて、常に疑問を持ち、強く答えを求めていた人だった・・・

その迷い多き若者がサグラダ・ファミリアの主任建築家になったのを一つのきっかけとして、キリスト教の精神が見ようとしていたものを深く勉強するようになり、また、多くの優れた宗教指導者たちとの出会いを経て、一つの宗派を立ち上げてもいいくらいの崇高な人間になっていく。それはまた、神が創造した自然から素直に知恵を得ていこうとする精神が養われていく課程でもあった・・・(本文引用)




そうしたガウディの成長をすべて吸収し、理念に反映されているのでしょう。

ガウディは本当に人間を幸せにするものをつくろうとしていたと思います。そしてまた、人間がつくり得る最高のものを神に捧げようとしていました。


サグラダ・ファミリアは家族愛がテーマの教会だそうです。幸せな家庭が増えれば社会全体が良くなる・・・
なので、養父ヨセフも像があります。イエスキリストやマリアを守ろうとした父の無償の愛



生誕の門にはペリカンの彫刻がありますが、聖トーマスという聖人の残した言い伝えの中に「母ペリカンは、食べ物がなく、子ペリカンが飢え死にしそうになると、自分のお腹をくちばしで裂いて血をのませた」という内容の話があるそうで、母子の愛情、もしくは親子の愛情のシンボルとして置かれています。

しかも、このペリカンの親子の像は聖家族の像の上に置かれ、門に近づくにつれ、他の像にかくれて見えなくなってしまいます。

これは、「本当に大事なものは近くにいるときは見えない」と言うことを暗示しているのではないかと著者の外尾悦郎さんは言っています。

他にも様々な工夫と挑戦がこの建築の中に施されていますが、今も職人さんたちは、ガウディの思想に近づこうと努力されています。

130年も作り続けられていますが死亡事故は一件も起きていないといいます。


ものを作る人間をダメにする確実な方法は、全体を考えさせず、細かい作業をひたすら義務としてやらせることです。そうするともう、現場での新しい発想が生まれてこなくなるだけでなく、いかに手を抜くかということばかり考える人が現れ、図面通り100パーセントのものすらできなくなる(また、そもそも図面に誤りがあった場合にも、職人たちの直感によって、それが「おかしい」と指摘されることも起こりにくくなります)。(中略)小さな手抜きの積み重ねがやがて致命傷となり、建物を崩壊させることも十分に考えられます。(中略)今日まで死亡事故が一件も起きていないのも、職人たちが自ら考え、意欲的に仕事をしてきたことと無関係ではないと思います。

保育園でも同じことが言えるのではないでしょうか。

職員を信じ、同じ理念で子どもたちと向き合う・・・本当のチームワークが新しい発想を生み出す気がします。