園長日記

2010 年 8 月 18 日 水曜日

夏休みに学童クラブに来ている子たちと寒川水源にいきました。

寒川水源1寒川水源3

年間を通して水温が14度ぐらいだそうで、湧き水のながれのある森はまさに天然クーラーです。

子どもたちは、朝からテンションが高く、何を見てもキャーキャーと歓声をあげて喜びはしゃいでいました。

寒川水源2
カニを見つけてキャーキャー。

寒川水源4
魚を見てはキャーキャー。

寒川水源5
雨粒を見つけてキャーキャー。

寒川水源6
水の神様でしょうか。小さな祠を見つけました。


そーめん
お昼は水源亭で素麺を食べました。

今年の夏は猛暑日といわれるような日が続いていますが、自然の中で一寸涼をとることができました。

2010 年 8 月 3 日 火曜日

第一中学校の生徒会の掃除実習に呼ばれました。
これまで自分磨きのためにあちこちの学校の掃除に参加してきましたが、水俣では初めてです。これを機会に水俣でも広まればいいなと思っていますが、大人でハマって行ってくれる人が増えなければ難しいかもしれません。

掃除をさせるのではなく、大人が一心に取り組む姿を見せるのが大事です。
自分のことだけ考えているならば、トイレ掃除など割にあわないことかもしれません。割に合わないことでも心を込めて打ち込める大人がいることを示し、自らその価値に気づいてもらえたらと思います。

中学生と一緒に掃除をさせていただいて、見えない学力があることがよくわかります。たくさん掃除道具を使うのですが、ずらっと並んだ道具を駆使して工夫をしながら便器をきれいにしようとする子、指示がなければ道具を使えない子、積極的にアイデアをだしたり、質問をしてくる子、一人コツコツと取り組む子、まわりの子に気を配りながらよい言葉をかけれる子、様々です。

様々な個性の人にどう思いを伝えるか。何より私自身がいろいろと学ぶことができました。